ササキアロエにとって1番のこだわり、それは栽培地内で加工をおこなうこと。
キダチアロエ生産量日本一の静岡県(公益財団法人日本特産農作物協会調べ)、
その中でも最も栽培が盛んな西伊豆町は都市部より遠く、非常に不便な土地と言えます。

それでもここでつくり続けること。
そしてキダチアロエのよさを最大限に活かす製法でつくり続けること。

それこそがササキアロエのこだわりです。
ここでなければできない、この方法でなければつくれない商品を生み出し続けます。



潮風アロエ®について

ササキアロエでは、全ての自社開発製品において、西伊豆特有の潮風と太陽の恵みをいっぱいに浴びて育てられた、潮風アロエ®を使用しております。

地元の人々には「西」とも呼ばれ、毎年吹き荒れる強烈な潮風は、キダチアロエの生育に大きく関与し、最高の自然からの恵みとなります。
弊社直営農場はそのすべてが海から1.5km以内の場所に位置し、最寄りのキダチアロエ農場はなんと海まで50mほど、
潮風の恵みを最大限に享受できる環境で栽培を続けております。

冬季に西伊豆の潮風をたくさん浴びたキダチアロエは、春になり気温が上昇するとともにすくすくと成長し、
灰分という形で葉の中に海の恵みをいっぱいに詰め込んだ、青々とした立派なアロエに育ちます。

潮風アロエ



西伊豆町について

キダチアロエには生育に適した4つの条件というものがあります。

①日当たりの良い土地
②水捌けのよい土地
③温暖な気候
④海の近く

この条件が揃えば揃っているほど良質なアロエが育ちます。
「日本一の夕陽のまち」を掲げる西伊豆町は、午後には強烈な西日が差し、年間を通して温暖で、雪が降るようなことはありません。

また先述の通り、冬季には強烈な潮風が吹き込むことで、キダチアロエ生産量日本一となる事もうなずけるほどの環境が整っています。


その西伊豆町内に広がる弊社の直営農場は、2024年現在43000平米以上の栽培面積を誇り、
その広大な農場は安定したキダチアロエ原料の供給を実現しています。




鮮度について

キダチアロエの乾燥原料は1/25ほどで、実質その96%ほどが水分となっており、収穫後に傷むのも非常に早く、
その品質を保つためには、より迅速な加工作業が求められます。

栽培地内にある弊社加工工場は、一番離れた農場でも車で5分とかかりません。
その為、朝収穫したキダチアロエはお昼前には乾燥機の中、鮮度を損なうことなく最高品質の乾燥葉を製造することが可能です。

その良質な乾燥葉は様々な食品原料に使用され、皆様の毎日の健康のサポートに役立てられています。



活用事例

弊社のキダチアロエ原料は、健康食品や化粧品の原料として、現在様々なメーカー様にご活用いただいております。

活用例…粉末・粒・液体タイプの健康食品やサプリメント、化粧水・クリーム・洗顔石鹸などの基礎化粧品






Copyright ©株式会社ササキアロエ All Rights Reserved.